誰もが憧れるフリーランスと厳しい現実

フリーランスということは、会社に属していないわけだから、当然のことながら自分一人で仕事をこなして生きていかなければらない。
生き方としてはとてもカッコよく見えるが、現実はなかなか大変。
学校を出てそのままフリーとして独立しするという人はまずいない。最初はどこかの会社に所属して、何年間かみっちり仕事をして腕を磨き、他社との関係や人脈を築き、ある程度仕事が確保できるという自信が出てから独立するものである。
少なくとも突出した才能が持ち合わせていないような人は、そのようにしないとフリーになっても仕事がないだろう。

デザイナーやコピーライターといった人たちは、元所属していた会社から仕事を受ける場合がけっこう多いものである。
フリーとして独立したなら、会社員時代は営業が持ってきた仕事をこなしておけばよかったのを、自分から営業をかけて仕事を取って来なければならない。
次から次へと仕事が舞い込んでくるような人なら、電話やメールで注文が来るのを待っていればいいのだろうが、そうでなければ自分から出向いて過去の実績を見せたり、企画を持ち込むなりして仕事を取らないと生活は続かない。

自分から動く行動力や軽いフットワークを持ち合わせている人、人と会うのが苦にならない人ならフリーランスという生き方は向いているだろう。休みが自由に取れるとか、満員電車が嫌だからといった自分が楽したいからというような理由で務まるほど甘いものではないのだ。メリットだけでなく、このような点も持ち合わせているのがフリーランスなのだ。